Cast Comment
伊藤美来
海咲野くくる
伊藤美来Miku Ito
Q1. 本作の印象

誰だって叶えたい夢や目標があるけれど、それを叶えることや貫くことがどれだけ大変で勇気がいることなのか、とても考えさせられる作品だと思います。共感することも多く、キャラクターの感情や置かれている環境がリアルだなぁと思いました。キャラクター達が真っすぐで素直で、観たらきっと応援したくなります!また、舞台が沖縄県ということもあり全体の雰囲気がどこかゆったりとした時間が流れている感じがして、その空気感にとても癒されています。沖縄良いところだなあ!

Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込み

くくるはハイビスカスみたいな女の子!明るくて前向きで、自分の芯をしっかりと持っている子です。羨ましいくらいに夢や目標に向かって真っすぐで、揺るがない。心の底でがまがま水族館に対しての情熱が熱く燃え上がっているところが、かっこいいです。館長でもあるので、お仕事モードの顔も持っていて高校生だけどしっかり者な一面もあります。

くくるの周りを明るくする活発さや可愛らしさ、持っている生き物や人に対しての大きな愛を人間らしさたっぷりで表現していけるように頑張っていきたいと思います!

逢田梨香子
宮沢風花
逢田梨香子Rikako Aida
Q1. 本作の印象

くくると風花それぞれが違う悩みを抱えながらも、二人で力を合わせて前に進んでいく姿は観ていて応援したくなりました。
オリジナル作品ということで、私たちキャストも先の展開がわからないのでとてもワクワクしてます!

水族館を舞台に二人の想いがどう重なるのか今から楽しみです。

Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込み

初めは、とても繊細でどこか消えてしまいそうな印象を受けました。
そして自分よりも、”誰かの為に”と行動できるとっても優しい女の子です。

でも時に、自分でもあとで後悔するくらい突拍子もない大胆な行動をしてしまったり、そんなユーモアも持ち合わせていて台本を読んでいて笑いが込み上げてくるシーンも多々あります。皆様に愛して頂けるよう、私も愛情を持って演じていきたいです。

和氣あず未
照屋月美
和氣あず未Azumi Waki
Q1. 本作の印象

沖縄の水族館が舞台ということで、とても綺麗で神秘的な作品になると思っていました。
キャラクター同士の掛け合いは微笑ましく、ほっこりする内容になっていますが、水族館の生き物や風景はとても綺麗に描かれていて、制作の方々の本気を感じました!
普段何気なく足を運んでいた水族館でしたが、今後は館内や水族館スタッフさんへの見方が違ってくるんだと思います!

Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込み

月美はいつもテンションが高く、くくる達のムードメーカーです!噂話が好きだったり、誰よりも騒いだり、子供っぽい面も多々あるのですが、時折見せるお母さんっぽいところにギャップを感じて魅力的です!
ボケかと思いきやツッコミも多いキャラなので演じていてとても楽しい子です!

Lynn
久高夏凛
LynnLynn
Q1. 本作の印象

個人的な好みにどストライクな作品です。それぞれに悩みを持った等身大の少女達がいて、豊かな沖縄の自然が美しい絵で表現されていて。誇張しすぎないお芝居と、幻想的な部分とのバランスが絶妙だなと感じています。なんだかすごく時間がゆっくりと流れている気もしますね。

Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込み

私が演じさせていただく夏凛は、くくる達より少しお姉さんでしっかりしているので、頼もしい部分もありますが、一方どこかでまだ幼さや可愛らしい面もあるなと感じています。水族館を外側から見守り時にはサポートする、彼女の優しいところも含めて心を込めて演じていきたいと思います。

土屋神葉
仲村 櫂
土屋神葉Shimba Tsuchiya
Q1. 本作の印象

僕は今まで篠原監督の作品を拝見するたびに、色彩豊かで瑞々しく、生命力と心の機微を実感する世界に心を掴まれ、動かされてきました。そのうえで今回は、沖縄の南城市という魅力溢れる舞台の中、しかも水族館で繰り広げられる物語。どれほどのパワーが映像に吹き込まれるのか、想像するだけで心が躍ります。描かれる人々のドラマはもちろん、水の中に生きる様々な命の可愛らしさや動きなども楽しみです!

Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込み

ぼくが演じる櫂は、常に「幼馴染のくくるのために自分が出来ることは何か」を自分なりに一生懸命考え、思いやる健気な男の子です。漁師の息子として培った逞しさもあり、朴訥とした雰囲気が魅力的だと思います。櫂を演じるにあたっては、より自然体であることを大切にしました。自然に囲まれて育った優しく飾り気のないキャラクターを、息遣いや言葉の紡ぎ方などを通し、真っ直ぐに表現できたらと思っています。

阿座上洋平
屋嘉間志空也
阿座上洋平Yohei Azakami
Q1. 本作の印象

ゆっくりと、本当にゆっくりとお話が進んでいく印象でした。台本を頂いた際、キャラクターの姿も台詞もないカットがしばらく続くのを見て「どんな絵になるのだろう」と思っていたのですが、沖縄の美しい風景と、P.A.WORKSさんの手掛ける繊細な作画でここまで魅せられるものなんだと映像を見て感動しました。忙しない現代。様々な事情で心が疲れがちになる今、見て欲しい作品です。

Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込み

空也はとある事がきっかけで女性に対してトラウマを持っている青年なのですが、生き物に対しての愛や仕事に対しての情熱が人一倍あるキャラクターです。意外とかっこいい一面を持っているのに、どこか誤解されがちな若者を演じられるように努めています。じっくりゆっくり関わって初めて分かる“彼の魅力”というものを大切にしたいです。

家中 宏
おじい
家中 宏Hiroshi Yanaka
Q1. 本作の印象

幼少期、家には小さな水槽の中を泳ぐ、小さな色鮮やかな魚たちが居た。
成人すると、東京や大阪には巨大な水槽の中を生き生きと泳ぎ回る魚たちが居た。
今、目前の画面には鮮やかな沖縄の色彩の中を様々な海の生き物たちが浮かび上がる。
水族館という空間や海の生き物に触れ合って成長していく若き登場人物たち。
そんな彼らを暖かく優しい沖縄の心が包み込む。
こんな幸せな作品に立ち会えるなんて凄い!

Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込み

個性豊かな登場人物たちと海の生き物たちを優しい眼差しと沖縄の心で見守る “おじい”。
なんて素敵な人だろうと心が震えました。
そんな奥深い人柄を気負うことなく丁寧に演じようと取り組んでいます。
とは言え、滲み出る思いを沖縄の言葉に乗せるため、共演の儀武ゆう子さんに細やかに方言を教わりつつ毎回冷や汗かいての収録です。
今後の展開を一視聴者としても楽しみながら、素敵な“おじい”を演じ切りたく思ってます。

海咲野くくる
宮沢風花
照屋月美
久高夏凛
仲村 櫂
屋嘉間志空也

登場人物

海咲野 くくる 海咲野 くくる
宮沢 風花 宮沢 風花
照屋 月美 照屋 月美
久高 夏凛 久高 夏凛
仲村 櫂 仲村 櫂
屋嘉間志 空也 屋嘉間志 空也
おじい